こんにちは!BPアナウンスアカデミー講師の山口祐佳です。

いよいよ先週9日より開講いたしました東京ベースボールアナウンスアカデミー2016!

2回目のレッスンは《呼吸法・発声法》講師はわたくし山口祐佳が務めました。

場内アナウンサーにとって声は命!大切な大切な商売道具であり武器になるもの。クリアな聞き取りやすい声はお客様に〈何番バッターが打席に入ったか〉〈ピッチャーが誰に交代したのか〉など正確な情報伝えることが出来、また正しい呼吸法・発声法を身につけておけば延長戦に入ってもダブルヘッダーになっても連戦になっても喉を傷めることなく常に同じクオリティーでアナウンスができます。

BPでは『マイクにたよらない』強くて芯のある声を目指し呼吸法・発声法の勉強がカリキュラムの序盤に組み込まれています。ここでレッスンの様子をちょっとだけご紹介♪

1


ん?呼吸・発声の練習なのに肩のストレッチ?と思われる方もいらっしゃるでしょう(^-^)

良い声を出すためにはストレッチは不可欠!!!体がよくほぐれた状態すなわちリラックスした状態のほうが喉に負担がかからないので発声練習をする前には顔、口、喉周りだけでなく可能な限り全身のストレッチを行うことをお勧めします。

2


ただし!球場の放送室などはグラウンドにいる選手から丸見え状態の時がしばしば。私も楽天イーグルスのスタジアムDJ時代試合前に放送室で本気のストレッチをしていたら若手の選手に「まるで試合に出場するみたいに気合十分ですね!」と言われたことがありちょっと恥ずかしい思いを・・・。BPのアナウンスアカデミーでは椅子に座った状態でもできるストレッチや、試合中イニング間などに手軽にできるストレッチなどもご紹介しています。

さて、身体がしっかりほぐれたところでまずは呼吸法から。呼吸の仕組みを正しく覚えていただくために座学の時間もしっかりとってあります。
胸式呼吸・腹式呼吸の仕組みや違いを勉強したら今度は実践!

3


ティッシュペーパーを使った練習法や音楽を使って行う呼吸法など今後受講生の皆さんが各自で練習できるように様々な練習方法をお伝えしました。慣れないうちは〈腹式呼吸〉はなかなか難しいですが・・・体の使い方を覚えると普段から腹式呼吸に切り替えることができます。

4


腹式呼吸はインナーマッスルが鍛えられ代謝がアップするとも言われているのでダイエットにも最適なんですよ~♪ぜひ地道にコツコツと練習していきましょうね!発声の練習ではまず母音を美しく発声できるように手鏡を使って一音ずつ口の形をチェックしていきます。

5


呼吸法、発声法の練習はアナウンサーにとっては基本中の基本。練習はとても地味なものですが・・・基本こそ皆さんの技術を支える土台になります!継続は力なり、練習を重ねてより素敵な声に近づいてくださいね。

「このやり方であっているかな?」不安になったらその都度お気軽にドンドン講師に質問してくださいね。

BaseballPlanningでは呼吸法・発声法の個人レッスンのご相談も承っております。

会社役員で社員の前で話す機会が多いから結婚式のスピーチを頼まれたけれど声が震える・・・など声に関するご相談はお気軽にどうぞ!