はじめまして!
この度、アナウンサー・講師として携わらせていただくことになりました
元埼玉西武ライオンズアナウンサーの清水優子と申します。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

さて、緊張の初仕事!!
18日(土)に行われた東京ベースボールアカデミーの
第2回目の授業を担当しました。
まずは前回も行った呼吸法・発声練習でウォーミングアップ。

1


続いて今回の授業のテーマ、野球の場内アナウンサーを務める上で
必須の「スコアブック記入法」について学んでいただきました。
スコアブックとは、打撃結果やピッチャーの投げるすべての球、
野手やランナーの動きをまとめた記録帳のようなものです。
見たことがある方も多いと思いますが、実際のスコアブックはこんな感じです。

2


本来は、戦力分析や個人記録の集計にも役立てられるもので、
プロ野球にも専門の「スコアラー」という役職がありますが、
場内アナウンサーがスコアブックを記入する主な目的は・・・

(1)どの選手から攻撃が始まるかの確認
(2)選手交代時の確認
(3)塁上にどの選手がいるのかなど、試合状況の確認

これらを把握することによって、
よりスムーズな試合進行の役割を果たすことができます。

今回の授業を担当するにあたり、
私自身も基本的な野球のルールを勉強し直したのですが、
スコアブックが記入できることによって、
場内アナウンサーとしての役割を果たすことはもちろん、
野球に対する知識を深め、今まで知らなかった野球の魅力を
発見することができるのではないかと感じました。

3


4


最初は難しいと感じる方も多かったと思いますが、
繰り返し練習をして実戦を積んでいく中で必ず身についていきます。

受講生のみなさん、球場に来られたお客さまに
より分かりやすいアナウンスを提供し、野球の魅力を伝えていくためにも、
スコアブックのマスター目指してがんばっていきましょう!!