午前中の【リハビリセミナー】に続いて、「自宅でできる肩・肘のベースボールマッサージ&ストレッチセミナー」を開催しました。

午前中に、肩・肘の筋群を徹底的に追い込んだ皆さんが引き続き参加。午後は野球に特化した、マッサージとストレッチで疲れた体を癒していきます。
1


ベースボールマッサージは、一般的にイメージされているマッサージとは異なり、受ける側の選手も体を一緒に動かして、重力や自重(自分の体重)を利用しながら、負荷をかけ筋肉の張りをほぐしていく手法です。さらに投球動作に似せた動きの中で、筋群をほぐしたりストレッチすることで、よりしなやかな腕の振りが短時間で確保することもできるのです。

2


3


4


5



午前中のリハビリトレーニングの効果もあってか、マッサージを受ける側もする側も、張っている筋肉がみるみるほぐれていく感覚が得られたようです。

またマッサージの注意点として3つ紹介しました。

1.爪をしっかりと切っておく。
2.手を温めておく。
3.患部の怪我や傷口などを確認する。

これは自身の失敗から学んだ事でもあるので、皆さんも是非参考にしてくださいね!

6


7


8



セミナーを通じて感じた事は、『コミュニケーションによるお互いの信頼感』でした。今日初めて会った人とのたった2時間ほどのセッションでしたが、声を掛け合いお互いの体の変化を知り、自然と表情が明るくなり、会話も弾んでいました。

疲労回復、怪我予防の効果はもちろんですが、実は『対選手とのコミュニケーション』がマッサージやストレッチから得る事ができるのです。


野球選手のサポートは選手自身だけでは成り立ちません。身近にいある保護者や指導者が選手と二人三脚になって痛みを知り、そして回復した喜びを分かち合うことで選手のパフォーマンスも向上するのだと思います。『自宅でできる』という利点は、そういった部分にもあるのです。

このセミナーを通じて、怪我に悩む1人でも多くの野球選手たちを救えればと願っております。